芸術の秋に・・・舞踏観賞


舞踏家、中嶋夏は、今や世界的に有名な舞踏家です。
全く違う世界にいたものの、50年以上の付き合いです。
若いころは激しい喧嘩もしたけれど・・・(原因は私の無知 ? かな)
夏ちゃんが、今になってご褒美を受け取りはじめた気配が、とてもうれしい。


舞踏は、日本発祥の踊りで・・・土方巽、大野一雄が第一人者です。
その愛弟子である中嶋夏は、この道一筋、舞踏家として生きてきました。
日本で活躍の場は少なく残念なことだけれど、久しぶりに小さな公演があるというので馳せ参じました。

b0396150_10315526.jpg




とはいえ・・・実は、舞踏は全然わからない。
トークショーがあって、初めてというくらいに舞踏のことが少しだけわかりました。
寡黙な彼女が、舞踏のことになると、たちまち少女のように目を輝かせ、饒舌になったのでした。
あまりのピアなオーラを放つ彼女の前に立つと、何もかもが、いかがわしく感じられます。
特に言葉が・・・気の毒なくらいなものでした。

b0396150_10320983.jpg





このような・・・難しいものに・・・会場は満員ということに驚かされました。
私にはチンプンカンプンな分厚い、そして、高すぎる本が・・・飛ぶように売れていました。
そういえば・・・世の中に難しいものが少なくなったのかも知れません。
なんでも、やさしくわかりやすく解説し、くどいほど説明し・・・。
人々は、難解なものに飢えているのかしら・・・と、思った秋の夕暮れ。

b0396150_10441083.jpg




この人、笠井叡氏も同年代・・・現役のダンサーです。
海外公演が多く、漁師町の隣のファロで開かれた公演に行ったら「こんな地の果てに、日本人がいたとは・・・」と
反対に驚かれました。

b0396150_10440359.jpg


大野一雄は、死の間際まで、ベットに横たわり、手だけで踊りました。

夏ちゃんは70才のときに、自らの老いと対面し・・・世界各国で新作を上演し続け、75才になり、
「さらに奥まっていく我が老いを見つめ・・・」と今回の公演に着いてのコメントしています。
いまだに少女のような容姿ですが・・・ちょっとウルウルしてしまいました。
この人も、死ぬまで踊るのでしょう。
長く続けているだけでは、ご褒美はもらえない。







[PR]
Commented by oshibanayoshimi at 2018-09-30 20:19
こんばんは。
aomeumi様の周りには、凄い方々がいらっしゃるのですね !
只々、感心するのみです。
舞踏という物は、ダンスや舞踊とは、違うのですね。
永く頑張ってこられた方なのに、ポスターを拝見すると、入場料は、お安いのですね・・・今時の、訳の分からぬ音楽でも、もっともっと、お高いですよね・・・
Commented by aomeumi2 at 2018-09-30 20:54
oshibanayoshimiさま
すごい方も・・・そうでない方も・・・いろいろです。
舞踏は・・・私にはわからない世界ですが、時々、素晴らしい舞台もあります。パリに拠点をおく「山海塾」は、ヨーロッパではかなり有名で、ネットで見られますよ。これが舞踏です。なんだかよくわからない・・・これが受けている ?
今どき、安いチケットですね。二枚買いました。
Commented by kumoburouti at 2018-09-30 21:03
大野一雄さんの舞踏は一度舞台で鑑賞したかったのですが機会が
ありませんでした。と言っても舞踏がわかるはずもないのにですが
分らないということを全身で思考するということに興味があります。
舞踏そのものよりも舞踏家の考え方や態度?等を知ることが楽しみ
なのかもしれません。トークショーでお話しを聞けて良かったですね。
Commented by maribabalondon at 2018-10-01 07:42

死の間際まで、ベットに横たわり、手だけで踊りました。
凄いですね。ここまで情熱を傾けられるものを、
持っている、ということが、羨ましくも、驚きでもあります。
青目さんはいろいろな分野の方をご存知なのですね。
感動するものは敏感にキャッチし、入り込むから
でしょうか。


Commented by aomeumi2 at 2018-10-01 08:25
kumoburoutiさま
舞踏を「わかる・・・」なんて方は、あまりいないでしょうね。いたとしたら、信用できない人かも・・・ふふ。
わからないことに触れることは刺激にはなりますね。トークショーはとても興味深いものでした。もっとも二人の男は気の毒でした。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-01 08:31
maribabalondonさま
これはドキュメンタリーで見たのだけれど・・・すごいですね。新潟公演は、屋外で、ベットで踊る彼の上にものすごい量の花びらをヘリコプターで降り注いだそうです・・・びっくり。
そうなんです・・・生涯かけて、打ち込むものがあるということが、うらやましいです。あの時代、ウロウロキョロキョロしていて、そういうものをみつけた人は少ないですよね。ご褒美もらえる人も少ない。
Commented by YuccaR at 2018-10-01 09:02
舞踏は学生時代から分からないことの多い私に一番縁遠いジャンルでした。
年を経て、あの頃ややおそろしく感じていた舞踏がよく知られて、メディアでも取り上げられるのを知って、少しほっとしたものです。きっと「ご褒美」というか、尊敬できたからだと思います。
わからないと仰りながら長年の友人でいらっしゃるのは、羨ましく素敵なご関係ですね。
Commented by fran9923 at 2018-10-01 09:20
おはようございます。
身体だけで表現する舞踏。
私もかなり歳を取ってから知りました。
うまく書けませんが、自分を解放して何かを表現する事が出来るって素晴らしいことだと思います。
その人の周りにあっという間に空間が広がるというか、、ね。

良かったですね。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-01 10:26
YuccaRさま
そうでしたね、なにやら恐ろし気なものでした。その恐ろしさに引かれて、そっと覗いた世界です。踊っている本人から醸し出される幸福感のようなもの・・・そのことに、なんだか安堵のようなものが・・・ご褒美。笑っちゃうくらい喧嘩しました。全く噛み合ない喧嘩・・・今は「体、大丈夫 ?」ばかり言い合っています
Commented by aomeumi2 at 2018-10-01 10:31
fran9923さま
まず、自我を捨てるらしいです。今回のトークショーで初めて知りました。自分を縛っているのは、自分の自我らしい・・・ふ〜ん・・・そうか。そうして開放されると、なにかが出てくるらしいです・・・ふ〜んと、思うばかりですが、少しわかった気がします。だから、裸になったりするのね、きっと。
"その人の周りにあっという間に空間が広がるというか、、ね。" あっ、やっぱりフランさんは、ちゃんとわかっていらっしゃる。
Commented by kitaoni at 2018-10-01 11:43
学生時代に何もわからないのに目黒のアスベスト館に通ってみたらなんかしていましたっけ!
とは言えあの頃は舞踏だけでなくすべて諸々、怖いくらい何もわかっていなかった。
.......今? 今も何もわかってないか⁈
Commented by aomeumi2 at 2018-10-02 08:54
kitaoniさま
アスベスト館に通っていた ? なんという大胆なことでしょう。私も、面白い人がたくさんいるので、よく遊びに行っていました。だいたいがご飯目当て・・・いつもお腹がすいていましたから。目新しいものがたくさん生まれていた時代・・・何人の人が生き残っているのでしょうか。時がたちましたね。
by aomeumi2 | 2018-09-30 11:21 | 喜怒哀楽な人々 | Comments(12)