台風一過に・・・50年前の、若者たちと伊豆の花たち


台風一過・・・とは、このことですね。
伊豆の花たちは、どうなったかしら・・・。
春に思い切った剪定を施した、キンモクセイは、思いがけずたくさんの花が咲きました。
仕事机のある窓の正面にあり、部屋の中まで香りが届きます。
今頃は辺り一面、金色に染めていることでしよう。

b0396150_08554939.jpg




すっかり忘れていたのに・・・いつの間にか、草むらのなかに、ひっそりと咲いてくれていたこの花。
きっと倒れていることでしよう。
帰ったら印をつけておかないと、忘れてしまいます。
花地図は、一年では出来そうもありません。

b0396150_08555838.jpg



突然出てきたやさしい色の花・・・自分が植えたものに違いないのに・・・記憶にありません。

b0396150_08560605.jpg




自然に出てきて、次々に咲きます・・・どちらさまですか ?

b0396150_08561530.jpg




咲いたらダメダメと、蕾を摘み続けていたのに、うっかりしていたら咲いてしまった・・・。
二メートル以上も伸びてしまい、気がつきませんでした。
秋に大きな花を咲かせるつもりだったのに・・・夏薔薇。
しかし、もう秋なのですね。となると、これが秋薔薇 ?

b0396150_08562201.jpg

東京は最高気温33℃・・・昼から、渋谷で映画を観て、乃木坂の美術館へ行き、六本木で飲んだ女二人。
赤坂の男友達の家で夫と合流。スペインのワインを飲んで、
それから、ひと気のない公園やらで遊びながら、青山まで・・・平均年齢、70才の男女四人。
いい風が吹いていて、東京の紅葉狩り・・・気持は、50年前と変わらないのね。






[PR]
Commented by oshibanayoshimi at 2018-10-02 10:07
おはようございます。
台風は・・・大事ありませんか?
上から二番目は、ツリガネニンジン、その下のブルーは捜査中、その下オレンジ色は、ノカンゾウだと思います。
色々咲いて、いいですね!!!
Commented by aomeumi2 at 2018-10-02 11:50
oshibanayoshimさま
あ、うれしい・・・博士が一番にいらした。ツリガネニンジンは・・・去年も教えていただいたことを思いだしました。今度こそ忘れずに・・・スケッチを残します。
そちらもご無事でしたね。伊豆も無事なようです。台風一過、暑かったです。
Commented by unjaku at 2018-10-02 13:42
こんにちは。
ツリガネニンジン、イギリスのハワースでも咲いていました。
可憐な花。
ノカンゾウは好きです。でも姿を見るのが減りました。

大人の夜遊び楽しそう。
仲良しがいればこそですね。
Commented by fran9923 at 2018-10-03 08:26
おはようございます。
昨日は暑かったですね。
伊豆には、素敵な花が次々と!!
ほんと、ツリガネニンジンが可愛いですね。このブルーの色が大好きです。
Commented by o-hikidashi at 2018-10-03 09:17
花木の写真はほっとしますねえ。
名も知らぬ花も押し花博士が教えてくれるし倍嬉しい~。

先日の季語の花本では9月27日が秋薔薇でした。
「秋涼の頃に咲く薔薇、夏の終わりに良質の花を咲かせるため選定した秋の花。秋薔薇の特徴は、小ぶりながら花色が鮮やかに芳香が深くなる」適当に抜粋
秋の薔薇は静けさの中で繊細な美しさと気品をたたえています・・・の文に青目さんちの薔薇が浮かんできました。
Commented by oshibanayoshimi at 2018-10-03 09:48
おはようございます。
上から三番目の花は、サルビアの仲間の様です。
*サルビア・ウルギノーサ
*サルビア・アズレア
種類が多いので・・・分かり兼ねます。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-03 14:45
unjakuさま
イギリスの・・・どんなところかしら。森かしら、林かしら・・・それともお庭。草むらで群生していたら、さぞかし綺麗なことでしょう。
何年経っても、人は変わらないものですね。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-03 14:49
fran9923さま
ほとんど夏・・・でしたね。夜になってようやく涼しい風が吹き、すぐに帰るのがもったいなく、夜歩きを楽しみました。
昨夜戻ったら、ほとんど倒れていました。留守を狙って、鹿が入り込み・・・なにもかも食べられていました。それもよし・・・なんだかそんな心境です。抵抗できることではないのです。ツリガネニンジン・・・いい花ですねぇ。生きていてくれてうれしいです。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-03 14:54
o-hikidashiさま
今年は暑くて焼けてしまったものが多く、生ける花も少なかったです。そうなんですよ、押し花博士に頼り切り・・・載せるときに、すでに当てにしている・・・いけませんね。反省。
季語からいうと、微妙な薔薇ですね。夏薔薇として咲いて、咲いているうちに秋薔薇に・・・確かに香りはいいのです。
うららは、厳しく育て、蕾は全部摘みました。多分、秋は咲かない種類らしいです。食堂の窓から見えるように植え変え、ネットに誘因・・・春が楽しみです。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-03 14:57
oshibanayoshimiさま
サルビアの仲間ですか・・・多分、宿根で、残っていた株からたくさん出てきました。来年は、出てきたら高さを調節しないと、高くなり過ぎて倒れます。こんな風にいろいろ学習していくものなのですね。
いつも頼りにしてしまい・・・申し訳ありません。自立せねば・・・ですね。ありがとうございます。
Commented by YuccaR at 2018-10-04 17:10
ツリガネニンジンが山地に咲いているのをみると、嬉しくて騒いでしまいます。利尻島にもあったかな?昔はもっとふんだんに咲いてたと思います。
一重のカンゾウが勝手に生えるなど羨ましいです! 庭に植えたくて長年探しています。青目さんぜひ増やして下さい。そして私に分けて下さいませ。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-07 12:31
YuccaRさま
発見が遅れてしまいました、ごめんなさい。ツリガネニンジンは、ここに来たとき、沢山ありました。みな刈られたのです。生き残っていてうれしいです。カンゾウ・・・沢山あったのに、これは私が刈りました。ごめんなさい。増えたら、お送りするわ・・・急に大事にしています。
by aomeumi2 | 2018-10-02 09:34 | 花日記 | Comments(12)