ヘソクリを握りしめ・・・買ったぞ・・・イチジク




どんなに高くても、買ってやる ! と、決めたイチジク。
握りしめたイチジク貯金は、500円玉が六枚。
渋谷の東急デパートには、なかった・・・もう秋ですからね。
帰り道、小田原で途中下車。駅ビルのちょっと高級な食品売り場に・・・あった。
六個で、980円と、四個で780円・・・もう、安いのか、高いのか、ワカラナイ。
両方買った・・・大人買い ?

ヨーグルトを水切りしたチーズと蜂蜜をかけて食べた。
ま、ま、まずい・・・完熟で甘いのだけれど・・・味がない ?
これできっぱり、イチジクを諦めることが出来ました。
気分は・・・つまんない男に・・・失恋した・・・そんな感じ。

b0396150_09444513.jpg



イチジク貯金のせいで、節約の日々・・・肉でも食べるか !
左は塩胡椒・・・右はタレ・・・脂がねぇ・・・多すぎる・・・柔らか過ぎ。
口に入れると溶けるような肉は、夫婦で苦手・・・噛みしめると歯ごたえのある、固い肉が好き。
肉屋にそう注文すると、ただ固い安物の肉が来る・・・そうじゃないってば。
オーストラリア産でも、日本仕様で柔らかくしてあるらしい。ないのよ。
麻布のナショナルマーケットでは、普通にあるらしいのだけれど・・・そこまでする気にはならない。

b0396150_09445598.jpg




こんなところで一緒にしたら、申し訳ないのですが・・・三ヶ月も前に図書館に予約していた本が来ました。
芥川賞を最高齢で受賞した若竹千佐子氏の「おら おらで ひとり いぐも」
随分と話題になって、主人公が私と同い年ということで、興味深く思っていました。

う〜ん・・・お読みになった方はおられるでしょうか。感想を伺いたいです。
ワタシは・・・ものすごく上手・・・としかいいようがない。

b0396150_09450399.jpg

若い方の芥川賞は、ほとんど読んでいないのです。
なにしろ、今、夢中なのは、関容子さんの堀内大學聞き書き・・・いいのですよ・・・本当に。
甘露な飴でも舐めるように、ゆっくりと読んでいるのです。
食べものも、本も、結局は "好き嫌い" ということで・・・いくら芥川賞でも、いくら高級な神戸牛でも・・・好みがある。

私の感想は・・・例えば、夜の十時過ぎに、電話がかかってくる。
「青目 〜 ? ひさしぶり〜、元気・・・」と、あまり親しくはないけれど、まぁ、そこそこ知っている女友達。
いやな予感・・・時計を横目で見ながら・・・11時になり、12時、1時、2時・・・。
「アタシ、思うのよ・・・」「アタシ、思うんだけどさぁ・・・」という言葉が、たびたび挟まり・・・どう思う ? という言葉はなし。
一方的に洪水のように話は続き・・・溺れる。
「あ、やだ、もうこんな時間・・・で、最近どうなの、あなたは・・・」疲労困憊・・・応える気力なし。
「じゃね・・・元気で、あんまり飲み過ぎないでね」と、電話は切れる。
これ・・・本の感想です。

「男が選んだ本ですよ。女がちょっと本音を書くと、女を知らない男は(選者は)驚くのよ」と、女性編集者が怒っていました。
なるほどねぇ・・・そういえば、ずいぶん昔に「危険な女」と、いう映画がありました。男たちは、"怖い、怖い・・・" と騒ぎましたが、
女たちは、誰も怖がっていなかった・・・「普通よ・・・普通の女よ」と。

作者は、8年もカルチャーセンターの小説教室で学んだ方ですから、上手です。
東北弁を使ったところも、アイデア。文章はとても読みやすいです。
二作目は、どんなものを書かれたのでしょうか ? 標準語で書いた小説がどんなものか、ぜひ読んでみたいと思いました。










[PR]
Commented by kumoburouti at 2018-10-04 17:39
イチジク頑張って買ったのに甘いだけでしたか、残念でしたね。
私もたまには高い果物買って食べたくなる時ありますけどあまり美味しかった経験がないので無理しないようにしています(笑)
随分評判がいいらしいですね文芸春秋を買って読みましたよ。
感想を言う程文学に精通している訳ではありませんけど
語られた内容は特に何ということもないのにあの東北弁で
終始乗せられた感はあります。青目さんの感想、そうそう
その通りですね。
関容子さんの堀内大學聞き書き・・・メモしておきます。
香舟先生お気に入りの方でしたね。

Commented by oshibanayoshimi at 2018-10-04 19:32
aome様の様に、イチジクをおしゃれに食べたことはありません。蜂蜜とカッテージチーズの様な物と、食べるのですね。来年、そうして食べて見ます。
高齢者もお肉を食べなさいと言われますので、時々、ネロに焼きますが、自分は食べる気がしません。霜降りが特に苦手です。
近頃、気ぜわしく、落ち着いて本を読めません。
なので、文藝春秋を買って読んでいます。
「関容子さんの堀内大学聞き書き」覚えておきます。
Commented at 2018-10-04 19:44
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-10-04 22:21
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fran9923 at 2018-10-05 07:44
あはは。だから280円のしか買っちゃいけないと、前に言ったじゃないですか。(もっと強く言えば良かった〜?)
都会のは美味しくないのですよ。そのうちお庭のイチジクができますから。
でもほんと、おしゃれな食べ方ですね。
本は同感です!
私もある時から信用しなくなりました。
昔の本しか読みません。いえ、ほとんど読まないかも。もう老眼で疲れて仕方ありません。
若い頃、こんな本!!と言って軽蔑していたような本しか読みません。(どんな本かはいえない)
Commented by YuccaR at 2018-10-05 08:41
あはは。お見事なたとえ!! 
もう・・なんというか・・すべて分かります。
たとえ自体が素敵な小噺の世界。
私はこの本の存在を知らないんですが。ご意見すべてに拍手!
Commented by aomeumi2 at 2018-10-05 10:27
kumoburoutiさま
期待が大き過ぎたのでしょうね、きっと・・・水っぽかったのです。早くに取って、完熟させたのかも知れません。
これできっぱり、イチジクとは別れる決心がつきました。
"語られた内容は特に何ということもないのに・・・" そうなんです、東北弁にのせられた。そこいら中にいる女の人ですよね。
「日本の鶯」です。香舟先生がおっしゃるには、日本がもっともいい時代だった時・・・ということで、二人のやり取り、日本語の美しさには感動しました。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-05 10:33
oshibanayoshimiさま
チーズと蜂蜜がなければ食べられないようなシロモノでした。あきらめがつきました。庭のイチジクを楽しみにすることにしました。
あ、同じですね、霜降り苦手です。口のなかでとろけるなんて・・・噛みたいのです、ガシガシ・・・。
主婦が家庭のなかで本を読むのは難しいですね。そんな時間があったら、台所の棚の片付けとか、玄関まわりの掃除とか・・・気になることが沢山あります。私は、東京往復の電車の中が読書の時間です。ウトウトしたり、本を読んだり・・・至福の時間です。「日本の鶯」です。日本語が美しいです。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-05 10:40
weloveaiさま
そうでしょうねぇ・・・お庭になるのが理想ですね。"甘い" ことが優先されすぎですね。野菜の香り・・・そうなんです、香りがしないように工夫しているらしいですね。子供の頃、田舎で畑からもいだトマトの香りは、今でも忘れません。
このあたりは観光地なので、直売店も法外な値段です。100円のイチジク・・・でも、もういい、イチジクを買うなんて大それたことはやめた ! 庭で作るから、もういいよ !
ハロウィンの子供たち・・・楽しそうですねぇ。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-05 10:46
鍵コメさま
そうです、鍵コメの必要などありません。
なんでも熟してから取ったものはおいしいですね。ポルトガルのイチジクもとても甘いです。しかし、濃い甘さ・・・今回の水っぽい、砂糖をまぶしたものとは違いました。おかげで、イチジクと別れる決心が出来ました。
本・・・同じことを感じられましたか。女は、毎日考えていることで、特に珍しいことでもありませんね。読み終わって、覚えているところがなにひとつないというのも、珍しい。考えてみると、登場人物は、彼女だけ・・・全編、彼女のモノローグ。わずかに娘と息子が回想で出てくる・・・一瞬。
「日本の鶯」日本がもっともいい時代のお話・・・です。尊敬できる人がいなくなったことを思い知らされます。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-05 10:50
fran9923さま
あはは・・・なにしろ、ヘソクリ三千円も握りしめていましたからね、買う気満々・・・。葉の落ちたイチジクの下で「イチジクの育て方」なんてものを眺めているところです。
私は、がっかりすることが多いので、本を買うのしやめました。図書館で借りて、面白ければ買う・・・。
若いころ軽蔑していた本・・・なんだろう・・・言えない・・・と聞くと、ますます知りたくなります。
Commented by aomeumi2 at 2018-10-05 10:55
YuccaRさま
あはは・・・男の方には、なんのことかわからない例えでしようね。女には、容易くわかる。こういう人いますね・・・生きる意味とか突きつけてくる女・・・取り返しのつかない時期に、これを振りかざされたら、途方に暮れます。私も困っているのに・・・。借りてお読みください。
by aomeumi2 | 2018-10-04 10:40 | 天然な暮らし方 | Comments(12)