人気ブログランキング | 話題のタグを見る

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美




おっ・・・と、思わず立ち止まった風景です。
エドウィンとジュスチーヌの絵のようでもあります。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09341261.jpg




この前では、必ず立ち止まります。
エドゥィンとジュスチーヌも好きでした。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09303606.jpg




グレーの壁に、埃を被ったスモーキーな花色がとてもきれい・・・。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09304456.jpg



こんな風景でさえ、私にとっては思い出深いものがあります。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09300862.jpg




壁に花の咲く素敵なベランダのある家。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09302835.jpg




このようなドアの奥に、意外にも大きな中庭があり、花が咲き乱れている・・・なんてこともあるのです。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09320558.jpg




右側は、外国人が買って修復した家・・・左は・・・これだけ崩壊してしまうと、修復は不可能なのかも知れません。
そのうち崩れ落ちるのでしよう。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09302053.jpg



実際に崩れ落ちた家です。トタンで囲いが作られています。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09321832.jpg




トタンの奥を覗いてみると・・・あはは・・・誰か住んでいます。
洗濯物の様子からすると、若いカップル・・・小さな子供もいるようです。
逞しいです。

芸術 ? それとも・・・南ポルトガルの微妙な美_b0396150_09322439.jpg


もう十年以上も前に、パリに住んでいる日本人夫婦が、漁師町の噂をきいてやって来たことがあります。
イメージしていたヨーロッパの田舎とは違うと、えらくご立腹・・・。
毎年、いわゆる観光地、作られたヨーロッパの田舎に行っていたのです。

わかるわぁ〜、そんなところと比べたら、この漁師町は、来てはいけない田舎です。
だって・・・ここには本物の田舎、本物のダサさ、本物の貧しさがあるのです。
「いいところです」とは、うっかり言えない・・・私が、誰も誘わない訳は、そんなところにあります。





Commented by michiru at 2019-07-31 10:37 x
こんにちは

やはり、美はformなのだ、と、いわれますが、もう一つは・・発見なんだ。
っておもうのです。

エドウインさん達のの陰影がかったお宅も何度も見返しました。
何年かぶりで大事にしまっていた麻のカーテン、ひっぱりだそうとしています。
Commented by fran9923 at 2019-07-31 11:27
お〜〜!本当に絵のような風景。
ビニールのゴミ袋(?)さえ、絵かと見まごうほどです。
何なのでしょうね。この感覚。
Commented by めい at 2019-07-31 13:33 x
まぁ 怒んなくてもいいじゃないの とは思いますが・笑
そうかぁ 本物の田舎かぁ
日本の本物の?田舎を知っているけれど
一緒なのかな~
それだと・・・イヤだなぁ…
Commented by echalotelele at 2019-07-31 20:55
いいですね、本物の田舎。
フランスにもありますよ~
「イメージしていたヨーロッパの田舎とは違うと、えらくご立腹・・・」これもわかるな。
多くの人は、観光ガイドに書いてあることを確かめるように街を歩いたり風景を見たりしていますね。
ポルトガルの光り、こことは違ってもっと明るいですね。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-01 08:57
michiruさま
お暑うございます。
発見・・・確かに、そういうことかも知れません。
ヨーロッパの家は、案外暗い・・・そこに自然の光が・・・落ち着きます。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-01 09:00
fran9923さま
この平べったい桃・・・傷んでもないのに、大量に落ちていて、きれいでした。四人で茫然と眺めました。
ドアの前は、毎日、変化があって楽しみでした。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-01 09:03
めいさま
ふふ・・・怒っていましたねぇ、ものすごく。思い込みが激しかったようです。これが、パリに住んでいるのに、思い切り田舎臭い人でした・・・あはは。
田舎は・・・怖いです、時々。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-01 09:07
echaloteleleさま
私も初めは馴染めませんでした・・・それが田舎、ということですね。こういうところは長くいないと(生活しないと)よさが分かりません。いろいろ準備された、便利な田舎(観光地)が、お好きだったのでしよう。
ここは暑い日には、なにもかもが白くぼやけてしまいます。
Commented by kuukau at 2019-08-01 09:55
どこまでが絵画で、どこからが写真かわかりません。ファイダーを覘いた青目さんの絵画やね。
私、好きですよ。マイコレクションの「朽ちる」に収めたい!
Commented by YuccaR at 2019-08-01 10:46
最初の一枚はどうしてもジュスティーヌの絵にしかみえません!
好きなんですよ~、こういう世界。釘付けになります。
ただ、住んでいる人は大変、見かけだけ面白がらないで、と思うでしょうねえ・・とも。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-02 10:24
kuukauさま
四人で歩いていて、最初のシーンに茫然・・・しばし無言で眺めたのでした。しかし・・・傷んでもいない桃が、あんなに大量に落ちているなんて・・・なにがあったのでしょうね。
朽ちる・・・空子さんも路上芸術をみつけるのお上手ですよね。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-02 10:27
YuccaRさま
おっしゃる通りです。このようなものを常に目にしていると、あのような絵のイメージが生まれるのでしょうね。
住んでいる人・・・少しも大変ではないようです。楽しんでも面白がってもいないけれど・・・。
こういうものに驚いて佇んでいる私たち四人を、珍しそうに眺めています。
Commented at 2019-08-02 15:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kitaoni at 2019-08-02 18:35
1枚目の写真 素晴らしい まるで絵画のようです。
青目さんの眼で切り撮られた写真が絵になりますね〜
Commented by aomeumi2 at 2019-08-02 22:54
鍵コメさま
そうでしたか・・・前回、お目にかかったでしょうか ?
水戸は私の従兄弟です。前日に主人共々、ひさしぶりに会っており、翌日の「夏の宴」は、姉さんが出られないとのことで、主人が参りました。私は伊豆に帰りました。
主人からは、大変に楽しい夜であったとメールが来ました。ありがとうございます。
いろんなご縁があるものですね。またご一緒する機会もあるかと思います。どうぞよろしくお願いいたします。
Commented by aomeumi2 at 2019-08-02 22:55
kitaoniさま
実にきれいでした・・・四人で、しばし眺めました。色がとてもきれいで・・・絵のようでした。
どうして、無傷の桃が落ちていたのか・・・謎です。
by aomeumi2 | 2019-07-31 10:13 | ポルトガル便り | Comments(16)