仲がいいのよ〜!
観光客のおばちゃん、茫然・・・京都です。

b0396150_13484080.jpg



有楽町のガード下では、タケシの映画に出てきたワンシーンみたいだと、大喜び。
日本酒党です。

b0396150_13484900.jpg



コスプレができる、伊東のカラオケにも行った。
私も含めて、初体験。
エドウィンは、プレスリーを・・・

b0396150_13485621.jpg



ジュスチーヌは、エイミー・ワインハウスを歌った。

b0396150_13490410.jpg




電車の中で、前に並ぶ人をスケッチ・・・嫌がる人はいませんでしたね。
降りるときに、みな出来映えをチェックして、喜んでいました。

b0396150_13491290.jpg




一方・・・漁師町は、どんどん変わっているようです。

Olhão is building. Big Chinese shops, with cheap plastic products.
They opened one more on the Avenida, selling the same stupid shit.

A big hotel on the seafront, next to the other big hotel.
They are changing the road, to make bigger terrases for all the tourists.

町を占領しつつあったチャイニーズショップは、さらに巨大化しているようです。

そして、この町にはに合わない、醜い大型ホテル・・・また新しく建設中のようです。
ホテル脇にあった、漁師たちの住んでいた古い趣のある家々は、立ち退きに会い、
観光客のために通りを拡張しているようです。
バカねぇ〜。

b0396150_13492764.jpeg




Olhão is changing so fast now.
It looks like the only part that will stay the same will be our house and the cemetery.
It is still beautiful and quiet.
(We will move to there later.)

変わらないのは、彼女たちの家と、墓地だけらしい。
墓地の古い廟・・・美しいです。
どれもお金持ちのものでしょう。

b0396150_13495389.jpeg



In the wintertime, some things stay the same.
Like the sunset, little dogs with warm clothes, the Saturday market.
You know what I mean, the things we love here.

それでも、変わらないものもある。
海辺りの夕日や・・・

b0396150_13494736.jpeg




セーターを着た小さな犬や・・・

b0396150_13493767.jpeg



土曜日の朝市・・・

b0396150_13494221.jpeg



I made some watercolours looking at Araki foto’s. It was fun.

彼らは、アラーキーの大ファンです。
日本で、写真集をたくさん買って行きました。
その中の写真を絵に描いているようです。

彼らが、絵を描いていると聞くと、なんだかホッとします。

b0396150_13562356.jpeg

夕日と犬と市場・・・これだけでも残っていれば、充分です。
なくならないうちに、見に行かなくては・・・"帰りたい"・・・。






[PR]
# by aomeumi2 | 2018-12-12 14:29 | ポルトガル便り | Comments(2)


ジュスチーヌから、ポルトガル便りが届きました。
こんなものを見つけて、日本の旅を思いだしたようです。

Do you remember drinking coffee and smoking cigarets on the balcony in Kyoto?
This week I found the same ‘Japanese coffee technology’ in the Pingo in Olhão.
It brings back good memories of our wonderful time in Japan.

彼らのために予約していた京都の宿が、どうやら中国人の経営する怪しいところで・・・とてもいられそうにない。
それで、私が借りていた小さな部屋に、三人で過ごしたのでした。
煙草は、インスタントコーヒーを入れたあとのこの袋・・・覚えていたんだ。
漁師町のスーパーマーケットで見つけて、思わず買ったらしいです。

b0396150_15204178.jpeg



買ったばかりの古着がうれしくて、起き抜けにすぐ着替えました。
この着物は、ポルトガルに戻ってから、絵になりました。
この色がとてもよく似合っています。

b0396150_15205406.jpg




朝・・・小さなベランダに新聞紙を引き詰め、コーヒーを飲んで、煙草を吸いました。
あはは・・・ホームレス状態。

b0396150_15210205.jpg




毎日通ったお気に入り・・・どこかというと・・・

b0396150_15210993.jpg




近所の銭湯です。部屋にお風呂はありましたが、一度も使いませんでした。
イザベルもバレリーも、同じ銭湯につれて行きました。
みんな、銭湯が大好きでした。

b0396150_15443005.jpg



いつも、エドウィンは待たされて、神田川状態。
帰りに、近所の飲み屋で一杯飲みました。

b0396150_15211709.jpg

そうか・・・私がポルトガルの漁師町を、懐かしく思いだすように、彼らもまた、日本を思いだすのですね。








[PR]
# by aomeumi2 | 2018-12-10 15:47 | ポルトガル便り | Comments(14)



かわいい〜 !
自画自賛の可愛いリースは、70歳も年下の女友達、コトちゃんに作りました。
夏にセクシーなビキニ姿を披露してくれた、あの子・・・です。
神道なので、クリスマスには縁はないけれど、こんな楽しみがあります。

b0396150_10444558.jpg




飾りのお菓子を食べませんように・・・とてもよく出来ています。

b0396150_10445320.jpg




今年も、グラウベルのドアにかけてもらいました。
やっぱり・・・歪んでる。

b0396150_10450413.jpg




色があせると思うので、もう一つ作るつもりでいます。

b0396150_10451065.jpg




と・・・天才焙煎師、狩野さんが、バーテンに変身、シャカシャカやりはじめました。
うっとりしてる・・・出したくて仕方ないものらしい。

b0396150_10451895.jpg




リースのご褒美・・・おーーー ! かっこいい・・・ものすごくいい香りです。

b0396150_10454210.jpg




ウォッカの入った、エスプレッソマティーニ・・・というカクテルだそうです。
最後にオレンジをちょっと絞って・・・得もいわれぬおいしさ。

b0396150_10455107.jpg

舞踏家の中嶋夏さんと、二人で行きました。
50年以上もの付き合いなのに、こんな風にゆっくりと会うのも、ゆっくりと話すのも、初めてかも知れないのです。
お互いに海外に行っていたり、仕事が忙しかった。
25年も続けているという、障害者と健常者が一緒に体を動かす教室にも行ってみました。
偉いなぁ・・・少し年上だけれど、夏ちゃんには、長生きしてもらいたいと、つくづく思いました。







[PR]
# by aomeumi2 | 2018-12-08 11:03 | 天然な暮らし方 | Comments(8)


もう、こんな季節が巡ってきてしまいました。
いつもは、薪ストーブの前の夜なべ仕事だったのに、暖かくて、気持が乗りません。
今年は、思いがけずいい緑が手に入りました。
なにかしていないと、気持が持ちません。

b0396150_09191174.jpg




直径30センチほどの土台の蔓は、裏庭から探し出しました。
緑は、仲のよいご近所からいただき、松ぼっくりもその辺で拾いました。
世田谷代田のコーヒー屋、グラウベルに届けます・・・あ、歪んでる。

b0396150_09192429.jpg




そのグラウベルから、こんな写真が・・・。
クリスマスリースのワークショップで、こんなものを作ったらしい・・・とても素敵です。
え・・・私のは、もういらないの ? と、がっかりしていたら、これは、ずいぶん小さいらしい。
材料が、全て自然素材というのが珍しいです。
(とても高い・・・5000円也)

b0396150_09314620.jpeg



生け垣の緑をくれたご近所に、お礼に作った小さめのリース。
土台は、100円ショップ・・・しっかりしています。
雑な出来です。
b0396150_09193171.jpg




夏からずっと、アザミが咲き続けています。
秋アザミは、あまり好きではないのですが、少し気温が下がってきたら、色がとてもきれいになりました。

b0396150_09195018.jpg




今年は、歩き回っても実ものが見つからず、ちょっと色に使ってみました。

b0396150_09194081.jpg

庭のドングリの木を剪定したら、今年は実がなりませんでした。
野薔薇の赤い実は、うっかり切ってしまった。
雑木林に入ってみても、なにひとつ実ものがありません。
やはり、この天候が影響しているのでしょうか ?
この時期のお楽しみのために、これからは実ものを一年がかりで集めようと思いました。





[PR]
# by aomeumi2 | 2018-12-06 09:46 | 花日記 | Comments(16)





仲良しだった人・・・トクの、お別れに行ってきました。
80才・・・なんだか早い気がします。
引退して時間が経っているのに、通夜には200人もの人が来ました。
彼の人柄が現れています。

b0396150_15502112.jpg





奥さんのリエちゃんの意向で、家で看取りました。
幸せな男でした。

b0396150_15503333.jpg




お顔は、なんとも無邪気なもので・・・ひょいと起き上がり「驚いた ? 」・・・なんて言いそうでした。
みんなに愛されて・・・故郷の今治からも、小学校からの同級生という方も見えていました。

b0396150_15504187.jpg





お通夜が済んでも、誰も帰らない・・・寂しいだろうからとみんなで飲みました。

b0396150_15505125.jpg





仲間の男たちがみな先に逝き、残されたリカルド(白シャツ)が、とても寂しそうです。
みんなで大切にしようと、女たちは誓いました。

b0396150_15510258.jpg




翌日の葬儀にも、たくさんの人が会葬しました。
親しかった能楽師の方が、鼓を打ちました。
そのあと現れたお坊さまが・・・世にもきれいな方で・・・ちょっとびっくり。
ちゃんとしたお坊さまもいらっしゃるのだと、ありがたい気持がしました。

b0396150_15512086.jpg
いいお葬式・・・というものがあるのですね。
寂しいけれど、素直に見送ることが出来た気がします。









[PR]
# by aomeumi2 | 2018-12-04 16:06 | 喜怒哀楽な人々 | Comments(14)