アムステルダムから、ジュスチーヌとエドウィンが、ポルトガルの漁師町に戻ってきました。
久しぶりでうれしい。
海辺のバーで飲んで、友達に会って・・・絵を描いているようです。

Dear Shinji and Mitsuko,

We are back in Olhão again. Drinking white wine at the seafront, meeting friends. Everybody is fine.
And we have been painting together.

b0396150_12330659.jpeg




a big still-life with food and wine and flowers

なんだか・・・ホッとする絵です。大好き・・・。

b0396150_12331407.jpeg




Edwin is making drawings on his new i pad.
He can use all colours, all pens, brushes and materials, oil, watercolour, spay-can, everything is there in one machine.

エドウィンは、Ipadで、絵を描いているようです・・・この中で、なんでも出来るのね・・・若いんだぁ。

b0396150_12332297.jpg


We had a birthday dinner party on the patio, like every year.
You can see the same old friends in the front: Madeleine, Meinke, Edwin, Jill and Antonia.

十月は、ジュスチーヌの誕生日です。
いつものようにパーティーがあったようです。
しかし・・・私たちが知っているのは少しだけ・・・メンバーが変わっています。

b0396150_12333086.jpeg





We will hang it in Cha cha cha, Kevin’s restaurant. Now Francis is working there too.
This is Lily, Sonia and Francis behind the bar.

ロンドンから移ったケビンのレストラン、チャチャチャです。
流行っているようです。行きたいなぁ・・・。

b0396150_12334257.jpeg



but not Leao, the dog of our street, he died this summer. He was a good friend, for everybody, we miss him.

去年、別れるときに覚悟はしていたけれど・・・仲良しだった犬のリアオが亡くなったそうです。
いつもジュスチーヌの家に入り浸り、私たちが彼らの家にいる間も、ほとんど一緒でした。飼い主が誰かも知りません。
最後の日、バーに飲みに行く時、いつまでも着いてくるので、帰るように叱ると、うなだれて帰って行った後ろ姿が忘れられません。
あぁ、これが最後かもしれない・・・そう思ったのです。
みなに愛され、幸福な犬でした。ありがとう、リアオ・・・さよなら、リアオ。

b0396150_12335200.jpeg

Mitsuko, I like your new blog. Next time I will try to send you more foto’s from Olhão.
It is changing fast now, because there are so many foreigners.
I know you miss Olhão, but we are here starting to miss the old Olhão too.

Miss you!
Love from Edwin and Justine

漁師町にも外国人が増え、私たちがいた頃とは変わりつつあるようです。
私たちが出会った頃の、素朴な漁師町を、彼らも恋しく思っているようです。
変わらないものは・・・なにひとつないのですね。













[PR]
by aomeumi2 | 2018-10-17 20:27 | ポルトガル便り | Comments(17)



この時期になると、ポルトガルの漁師町の市場には、こんなものがたくさん出ました。
山と積まれたブドウの脇に、葉つきのものが置かれていました。飾り ?
おじさんにねだってはせしめ、部屋に活けました。
秋だなぁ・・・と、しみじみ思ったものです。

b0396150_09212761.jpg




こんなものをよく作りました。ブドウのスープ。
皮をむいてしまうと甘すぎるので、半分は皮ごと使います。
いい香りがしました。

b0396150_09215335.jpg




胡瓜のみじん切りと皮を剥いたブドウをのせて・・・
ポルトガルの九月は、まだまだ暑く、青唐辛子のピリリと効いた甘いスープは、体に染みたものです。

b0396150_09222334.jpg

来年は、庭にブドウを植えようか・・・などと欲張ったことを考えています。








[PR]
by aomeumi2 | 2018-09-27 09:38 | ポルトガル便り | Comments(14)


写真の整理をしていたら、ひょっこりと出てきた懐かしいもの。
ポルトガルに移って間もない頃のアトゥンと私です。
まだ友達もなく、週末になると、夫婦と犬連れでどこにでも出かけました。
これは、スペインでしょうか ?
7年ほど過ごした前の赴任地、スペインが恋しくて、
たびたび、車を走らせたものです。

b0396150_12583530.jpg

二十年以上も前ですから、私はまだ40代の最後の頃でしょうか。
若かったはずなのに、病気ばかりしていました。
長い間、ストレスの多い仕事に明け暮れ、心身ともに疲れていた記憶があります。
それまでのものを全て捨てて、ポルトガルに移ったものの、
その選択が正しかったのかどうか、不安で一杯の時期でした。
スペインでもポルトガルでも日焼け止めを使ったことがなく、赤銅色の肌。
慣れない土地での寂しい暮らしで、この愛らしい犬が支えでした。

ブログは引っ越したものの・・・まだ慣れません。
なぜか来られない方もおり、申し訳のないことです。








[PR]
by aomeumi2 | 2018-08-20 13:14 | ポルトガル便り | Comments(8)