いつの間にか、秋が来ているではありませんか・・・驚きました。

b0396150_11221531.jpg


夏の間中「秋まで咲いちゃダメ・・・」と、言い聞かせながら摘んでいた蕾。
いうことを聞かずにこっそり咲いた薔薇に腹を立てていたら・・・
秋薔薇だった。
でも・・・お母さんとは似ていない・・・薔薇の方で腹を立て、グレたのかも知れません。

b0396150_11222676.jpg



窓から咲いているのを見たいものだと、ここでもっとも古株の蔓薔薇を這わせてみました。
来年の春には、窓を囲む予定・・・あくまでも、予定・・・。
部屋を覗き込むように三つの蕾が、ひと月近く、交互に咲いてくれました・・・少ない。

b0396150_11223820.jpg





山茶花も、ひと月近く咲き続けて・・・これは生け垣にはとてもいい花だと知りました。

b0396150_11224595.jpg



通りにはみ出していた菊・・・ついに切りました。
通るたびに苦情を言われ・・・根負け。
こうして、思い切り活けるのも、贅沢な気分です。

b0396150_11225648.jpg




日本間の前庭に、去年、移植したお気に入りの菊・・・風情よく咲きました。
どれも、自生していた野菊の類いのようです。

b0396150_11305937.jpg




こんな風にしだれて咲いているのも、いいものです。

b0396150_11311197.jpg




庭の真ん中にはびこってしまった白菊・・・場所を変えないといけないかも知れません。
狭い庭なので、工夫が必要です。
裏の崖に植えたら、台所の窓から楽しめる・・・と、思いつきました。

b0396150_11311919.jpg




空き地のススキを切ったら、その下から挿し木しておいた菊が現れました。
雑草がすごいので、菊は手間いらずでいいかも知れません。
散歩のときに、楽しんでくれる方もいるのです。

b0396150_11312872.jpg




菊三昧の秋に、残念だったのは、この "嵯峨の月" が消えてしまったこと。
香舟先生のところから頂いた、奈良の猿沢池の小島に自生していたものらしいです。
大切にしていたのに・・・去年、植え変えたのがいけなかったのでしょうか ?

b0396150_11315559.jpg
菊が消えるなんて・・・そういえば、先生のお宅の菊も咲いていなかったような・・・。
暑かったので、消えたのでしょうか。
今年こそは描こうと思っていたのに・・・残念です。










[PR]
# by aomeumi2 | 2018-11-06 11:56 | 花日記 | Comments(16)




この年になると、名前を呼び捨てにしてくれる人が少なくなります。
年上の人がいなくなり、若い人が増えるからです。
そんなことに、四日市で古い友達に会って気がつきました。
誰か、呼び捨てにしてくれる人はいないか・・・

そうだ、50年通う、ジャズバーのキクチさんに会いにいこう・・・と、上京する朝、花を摘みました。
ものすごく仲のよかった、奥さんのマコさんが、この数年体調を崩しているので、
花を届けたいと思ったのです。

b0396150_10290331.jpg



お見舞いに行こうなどとは、思ったことがありません。
拒否されるに決まっている・・・と、わかっていました。
苺に気がついてくれるかしら・・・あはは、と、笑ってくれるに違いありません。

b0396150_10291382.jpg




いつも名前を忘れるのだけれど、私の好きな臭いウイスキーはキクチさんが知っている。
氷は小さいのを一つだけ、それを飲みながら、
Curtis Fuller 「 Five Spot After Dark」を 聞いてすぐに帰ろうと思っていました。

ところが・・・いない。いつも、カウンターにいるはずのキクチさんがいません。
おばあさんのひとり客に、バーテンダーは不審顔・・・もう一軒、店があるのです。
「キクチさんは、三丁目の方ですか?」と聞くと「いえ、三丁目は閉めました」
え・・・いつですか ? 「一年前です」と素っ気ない。がっかり・・・

50年も付き合っているのに、キクチさんのフルネームも連絡先も知らないことに初めて気がつきました。茫然としました。
仕方なく、ジェムソンのロックを頼み・・・さて、どうしようか。
店の雰囲気もずいぶん変わってしまいました。時々来ていたつもりなのに、私は一年も来ていなかったらしい。
バーテンダーは、ややチャラ男・・・楽しそうにお客と話しています。この人が新しいオーナーでしょうか。
引き下がるしかありません。
ウイスキーを飲み干し、名刺をだして「キクチさんが現れたら、お花、渡してください・・・マコさんに」
と・・・名刺に目をやったバーテンダーが、叫びました。
「ゲッ ! マジっすか・・・青目さん ! オレですよ、トシ・・・トシです」
はい ? 誰・・・トシって・・・記憶にありません。

b0396150_11024014.jpg



マコさんの息子・・・トシでした。
えーーーー !
アンタ、幾つになったの ? と聞くと、49才・・・会うのは40年ぶりで、わからないはずです。

トシは私のことをよく覚えていました。
小学生の低学年の頃、私がプリンスホテルのプールに連れて行ったそうで、そこで、LeeのTシャツを買ってやったそうなのです。
子供にとっては、大変な事件だったようで、それからどんな絵を描いても、このTシャツを描き込んでいたそうです。
私は、全く覚えていません。
そういえば、どこにも行けない夏休みは、赤坂プリンスの古い方のホテルに泊まったりしていた記憶があります。
よほど金持ちの男でもいた頃のことでしょう。

「その時のTシャツは、いまでもよく覚えていますよ」と、絵を描いてくれました。
襟と袖口に青い縁取りがしてあったそうです。

b0396150_10293197.jpg




そして、急に真面目な顔をして、まっすぐに私を見つめました。
「実は・・・今日は、母の命日です。去年、亡くなりました」

b0396150_10294624.jpg

丁度一年前のその日・・・マコさんは亡くなっていました。
命日・・・鳥肌が立ちました。
死ぬまで店に立ちたいと、いつも言ってました。
その大好きだった店に、花を供え・・・マコさん、仲良くしてくれて、ありがとう。
キクチさんに、改めて会いにこようと思いました。








[PR]
# by aomeumi2 | 2018-11-04 11:45 | 喜怒哀楽な人々 | Comments(22)



ポルトガルでは、郊外に住んでいると、だいたいが大きな庭を持っていました。
手入れの行き届いたキンタ(館)の庭も、素敵ですが、放ったらかしの自然の庭も好きでした。
漁師町から一時間近くかかる、イギリス人、ジルの庭です。
この窓から見える景色が好きでした。

b0396150_09400770.jpg



シングルマザーは、二人の息子を育て上げ、いまはイギリスの寄宿舎に送り込み、田舎の家で一人暮らしです。
誕生日には盛大にパーティーを開くという余裕ができました。
30人ほどのお客をひとりでもてなしました。
お兄ちゃんは、大道芸人の学校 ? へ、弟はミュージシャンを目指しています。
ガールフレンドをつれてお祝いに来ました。

b0396150_09401683.jpg




キッチンなのか、アトリエなのか・・・わかりません。
いいなぁ・・・この部屋そのものがアートのようです。

b0396150_09403376.jpg



庭には、一切手を入れていません。
まるで森の中にいるようです。
こんなところに集まるのも、みな楽しみにしていました。

b0396150_09402469.jpg



底は抜けていますが・・・座れます。
いいなぁ・・・

b0396150_09420159.jpg



ジルは絵描きです。
アブストラクトが多いけれど・・・こんな絵も描くのね。
光がきれいです。
時々、この家で、絵画教室をやっています。
ランチ付きで、楽しんでいるようです。
きっと、終わったら飲むのでしょうね。

We're having a painting session at my place which will run from 11h till 3h30.
I'm going to make a bit of lunch at about 1h then we'll carry on painting till 3h30 or 4h.
It will be 25€ and we'll be painting your choice of the things around with no model for the time being.
This session may evolve to become a long painting from a nude or a clothed figure but for now we're looking at picture making,
light, colour, and ways of looking and painting.
Bring all your painting gear, oils, watercolours, gouache, brushes, palettes, medium, rags, overalls etc.
Please mail me in good time if you'd like to come, Jill

b0396150_09430503.jpg



花も緑も、まるでジルのように自由です。

b0396150_09423217.jpg




その他にも、ジルの主催するデッサンのクラスは、週に一度あります。
夫が楽しみに通っていました。
帰国してからも、お知らせが来ます。

Draw with us this Thursday 25th at the Recriativa, Olhão from 11h 30 till 2h.
Please please mail me in good time if you're coming. Thankyou, Jill

b0396150_09440293.jpg




パーティーは、もちろん朝まで・・・部屋だけでなく、庭でも踊りました。

b0396150_09441086.jpg


この庭を訪れることは、あるのかしら・・・もう一度見てみたい庭です。







[PR]
# by aomeumi2 | 2018-11-01 10:15 | ポルトガル便り | Comments(14)



このブログに時々、登場するポスター・ハリスのまち子ちゃんと会いました。
夏の間はなかなか会えず・・・秋になってしまいました。
恵比寿のガーデンプレイスの、上等すぎるレストラン・・・外国のようです。
とてもオシャレしていたのに・・・真っ暗だ・・・ごめんなさい。
記念撮影をしただけで・・・行ったのは串焼き屋・・・あはは。
おいしい羊の肉を久しぶりに食べたわ。


b0396150_13074872.jpg



週末だというのに、ガーデンプレイスは、心配なくらい閑散としています。
しかし・・・暗闇に目を凝らすと・・・ベンチにはアベック(古いなぁ)、カップルがたくさん。
愛を語るには、絶好の場所です。

b0396150_13124976.jpg




前から連れて行きたかった、写真美術館の裏の、大人のバーへ行きました。
いつもは静かなはずですが、週末で満員。
居合わせたお客が演奏していました。
ピアノは近所に住む外国人、サックスの若い人も近所に住んでいるようです。
久しぶりに生演奏を聴きました。ラッキーでした。

b0396150_13125928.jpg



まち子ちゃんは、九條さんが企画してくださった私の個展の時に大変お世話になりました。
辛抱の甲斐あって、仕事が面白くなってきたようです。
とてもふんわりと、なんでもこなし・・・出入りする人たち、みんなに好かれ、頼りにされています。
仕事を続けて欲しいなぁ、と、応援しています。
たくさんおしゃべりをして・・・楽しかった。
業界 ? のゴシップを聞いたりするのが、引退したおばあさんには楽しみなのです。

b0396150_13130498.jpg
 
近道をしようとしたら道に迷い・・・酔っていることに気がつきました。
それにしても、ひと気がない・・・恵比寿、大丈夫か ? とも思うけれど、
ほろ酔いには、実にいいエリアです。










[PR]
# by aomeumi2 | 2018-10-29 13:41 | 喜怒哀楽な人々 | Comments(8)



東京から戻ったら柿が干してありました。
ケーキ屋ロックと夫が、山に取りにいき、ひとりで皮を剥き、干したようです。
よし、よし・・・ひとりで出来ることが増えてきました。

なんとも、長閑な風景です。

b0396150_09360737.jpg


どんな色の菊かわからなかった・・・花が咲きました。花地図に書き入れます。
奥にも別の種類の菊があります。
両方とも、少し整理をするつもりです。

b0396150_09361302.jpg


花の重みで、通りに、ほんの少し出ています。
ヒマな年寄りから苦情が来ています・・・が、無視。
うるさいなぁ。

b0396150_09362276.jpg


今年は、なぜか、ツワブキが張り切っています。

b0396150_09362923.jpg



薔薇の脇にあるものは、肥料が効いたのでしょうか、特に元気です。
それにしても・・・こんな時期に咲くものでしたか ?
いつも、12月に帰国すると、咲いていた記憶があるのですが・・・。

b0396150_09363748.jpg


家の前の側溝に落ち葉が詰まっています。
雨が降ると水が溢れます。

b0396150_09365171.jpg



鋏でチョキチョキ・・・側溝には自然の堆肥ができており、よく太ったミミズクんがたくさん・・・。
ここには自然の花畑を作ろうと企んでいます。
去年植えた紫陽花が根付きました。
なでしこも、百日草も咲きました。ニゲラも一つだけ咲いてくれました。来年はこぼれ種で増えていきますように・・・。

b0396150_09370412.jpg




生け垣の山茶花も咲き続けて・・・きれいです。
朝起きると、花びらが散って・・・これもきれいで・・・しばし、見惚れました。

b0396150_09371503.jpg

週末は、恵比寿の部屋の片付け・・・次は、どんなところに住むのかしら ?
部屋探しは、来月になってから・・・。
年とともに、変化が辛くなってきました。
しかし、変わらないものは、なにひとつないようです。











[PR]
# by aomeumi2 | 2018-10-26 09:58 | 花日記 | Comments(20)