もらったときには、ちょっとギョッとした、ぼってりとした黄色のレース編み。
しかし、こんな素朴な花がよくあうのです。
夏になると必ず使う、思い出のレース編みです。

b0396150_10120104.jpg



初代女中、イボンヌは、ポルトガルで最初に借りた家に、まるでグリコのオマケのようについていました。
あまり上手とはいえないけれど、台所のテーブルの前で、よく編み物をしていました。
セーターも編んでくれましたが、安物の毛糸でチクチクしました。
「なんで着ないの・・・」と言われ、日本のお母さんにあげた・・・と噓をつくと、「気に入ってたでしょう」と
とても喜び、ちょっと胸が痛みました。

b0396150_10123446.jpg

冬でも暖房設備のない家が多く、寝るときには毛糸の靴下を履いて寝ます。
古いセーターをほぐした有り合わせの毛糸で、暖かな靴下をたくさん編んでくれました。



さて、暑過ぎて、この夏は花が少なかった。
近所をひとまわりして、空家の庭に咲乱れていたものを切りました。

b0396150_10133015.jpg


庭の花は、咲いても、暑さのせいですぐに枯れてしまいます。

b0396150_10135644.jpg



春から刈り取らないように注意して、大事にしていた花です。
ヘグソカヅラという気の毒な名前の花ですが・・・
押し花さんに「灸花」(ヤイトバナ)という別名を教えていただきました。
b0396150_10144041.jpg


あちこちの茂みで、元気に咲いています。
さすが、雑草。

b0396150_10151248.jpg

昼の日射しは厳しいですが、日が暮れるとグンと涼しくなります。
もう秋が来てはいるようです。








[PR]
# by aomeumi2 | 2018-08-31 10:37 | 花日記 | Comments(18)


リスボンの岸澤クンとマグダです。あの迷路的路地アルファマの住人で、よく一緒に飲みました。
岸澤クンは「ようこそポルトガル」という観光サイトを運営、ポーランド人のマグダは経営コンサルタント?
漁師町にもなんどか二人で遊びに来ました。
b0396150_14075415.jpg


家族が増えていました・・・40代のパパとママです。
マグダ・・・マリアのような優しい顔になっていました。
b0396150_14112646.jpg


お腹が空いたとき以外は一度も泣かず、おじいちゃんにもすぐに懐きました。
このくらいの子は、好奇心の固まり・・・少しもじっとしていません。
可愛い子でした。
b0396150_14143141.jpg



お昼は、紫蘇ジュースとか、素麺とか・・・マグダは日本食はなんでも食べるそうで、納豆も巻きにすればOK。
b0396150_14283322.jpg



これはどうかしら・・・と、心配しましたが・・・馬肉。
意外なことに、ポーランドでも馬はよく食べるそうで、生でも(タルタル)食べるそうです。
喜んでくれました。
後はいつものポルトガル風魚介鍋とか・・・庭の自家製山椒ちりめんも喜んでくれました。
b0396150_14363589.jpg



どこにも出かけず、ただただ、食べて飲んで・・・岸澤クンと私は三時まで飲みました。
毎日飲んだくれていた彼が、子供が生まれてからはほとんど飲みに行かなくなったそうで・・・偉い。

帰りに海に寄りました。
シーズンが終わって閑散・・・ちっとも海を怖がりません。
b0396150_14314558.jpg

こんな光景に、感慨深いものがありました。
楽しい一日でした。

帰ってから冷蔵庫を開けると・・・食べさせようと準備していた料理を出し忘れていたことに気がつきました。
ロックのチョコレートケーキも忘れた・・・年取ったのねぇ、私たち。







[PR]
# by aomeumi2 | 2018-08-29 15:01 | 喜怒哀楽な人々 | Comments(18)


世田谷代田のカフェ、グラウベルに行きました。
店においてある私の本を気に入ってくださった方が、高齢でネットでは買えないとのことで
お届けしたのです。「リスボン」と「ポルトガル物語」写真を気に入ってくださったようです。
ありがとうございます。
時々届ける、伊豆の庭の花を楽しみにしてくださるお客様もいるそうで、フェイスブック ? とやらに。
うれしいです。

b0396150_16282494.jpg



50年近く親しんだ下北沢は、すっかり変わり果て・・・行くところがありません。
と・・・こんな店が。
知的好奇心の森「ダーウィンルーム」という、ブックカフェでした。
まさしく、知的好奇心をそそられる古書や標本、いろいろ楽しいものがたくさん。
二階では、さまざまなイベントもやっているようで、なかなかいいところでした。

b0396150_16294034.jpg


これは少し前の画像のようで、今は、まさに森に囲まれたようにジャスミン、ブドウ、クレマチスなどに覆われて
店内から外を眺めると、森の中にいるようです。
下北沢は、この店・・・と、決めました。
b0396150_16315155.jpg

先週に引き続き、今週も香舟先生をお訪ねしました。
寝ていらしたので、思う存分、台所を掃除しました。ヘルパーが二回きているとは思えません。
ものすごいことになっていました。
テーブルの上に、チャーハンとほうれん草のおひたし・・・食べかけでした。
おや、先生がチャーハンとは珍しい・・・と思っていたら、目を覚ました。
相変わらず、ものすごく驚き「あなたぁ〜、青目〜・・・心配していたのよ、どうしてたの〜、元気〜」
「はい、元気です。ご無沙汰して済みません」先週も来たことはお忘れのようでした。
チャーハンとほうれん草は、ひとりのヘルパーさんが持ってきてくれたそうです。
塩鮭と昆布の佃煮程度の食事に、多分、見かねて持ってきたのでしよう。
これは多分、違反らしいのです。掃除は得意ではなさそうですが、いい人のようで少し安心しました。

「日本の鶯」の本を見せると、これも案の定、エンジンがぐるりと廻りはじめ・・・止まりません。
「とにかく、いい時代でした。日本がもっともいい時代だったかもしれません」
それから、戦争が始まり、知的、文化的なものは全てなくなった・・・と、嘆息されました。

暑い中、サルサにも行きました。六回目で、やっとターンが出来るようになりました。







[PR]
# by aomeumi2 | 2018-08-26 16:58 | 天然な暮らし方 | Comments(12)


南向きの一番いい場所に植えたトマト・・・これは成功したようです。
狭い庭ですから、場所がなく、玄関脇の花壇を、畑にしました。
前もって、耕し、堆肥など、お隣のお父さんの指導のもと、
準備万端整えた甲斐がありました。
こんなに大きくなるとは思っていなかったので、支柱の立て方が甘かった。
継ぎ足したり、細かったりで、崩れそうです。勉強になりました。
ありがとうトマト。

b0396150_10561162.jpg


これだけ採れれば、大満足。
来年は、ここにパプリカ、ズッキーニを加え・・・はい、ラタトゥーユを自前でと目論んでいました。

b0396150_11012043.jpg

ところが、暑さのせいか、土のせいか、場所が悪かったのか・・・
まず、胡瓜が枯れました。茄子は葉が虫にやられレースのように透けています(きれいですが)
トマトとししとうは健在・・・理由がわかりません。
ご近所の胡瓜も枯れました。プロがいないので、さっぱりわかりません。

花のない夏でした。ヤマゴボウも大きくなりませんでした。楚々としていいものでしたが。
元気だったのは、こぼれ種で増えた白いなでしこ。そこいら中にはびこり、もう半年以上も咲き続けています。

b0396150_11051292.jpg

腫れ物に触るようにお世話している薔薇は、摘んでも摘んでも蕾をつけてしまいます。
勇気を振り絞って摘んでいましたが・・・そんなに咲きたいならお咲きなさいと、少しは咲かせました。
乾燥が激しく、砂漠状態・・・日本間の前庭の苔が全て枯れ果ててしまいました。
今度の雨で少しは潤うでしょうか。
関東は免れましたが、北はこれからでしようか・・・自然災害が多くなりましたね。








[PR]
# by aomeumi2 | 2018-08-24 11:29 | 花日記 | Comments(10)


PC問題に翻弄されたひと月・・・こんな顔です・・・茫然。


b0396150_09501040.jpg

いろんなアドバイスを頂きました。ありがとうございます。
"簡単なことです。こちらを検索してください" と、いうようなものもたくさん頂き、
しかし、なにが起きているか分からないので、そういうものを見ても、実際、なにも分かりませんでした。

アップルの対応に腹をたてて、抗議するべきだ ! というメールもいくつかあり、
念のため、アップルに聞いてみると、基本的に責任者はいなくて、対応に出た方が責任者らしく、
アイツは二度と会いたくない奴でした。
アップルの一階は、時間給1300円の若者たちで、気楽な立場。したがって機嫌良く親切。
しかし、上に上がると高給はとっているけれど、
ほとんどがクレームの対応で、大変ストレスの多い仕事のようです。
そこにワタシのような無知な客は、まさに "飛んで火にいる・・・" というようなものだったのでしょう。

いろんな方から、他に方法はあったはず・・・というようなメールをたくさん頂き、
中には、安易な "引っ越し" という選択に、ひどく腹を立てている方もおられ、
苦手な分野なので、説明も難しく、たくさんのメールにひとつひとつ、お返事を出すのも、ワタシの能力では不可能です。
こんな形での言い訳になりますが・・・はい、ワタシはバカです。
自分の画像も、相手の画像も見えない・・・PCに向かうのは、UPも含めて朝30分、夕方30分と
決めていますが、このひと月近くは一時間以上もかかり、大変なストレスでした。
確かに、もっとも安易な方法をとったのかも知れません。

誰にでも簡単にできることが、ワタシには出来ない・・・これは、だいぶ前から気がついていました。

話が飛びますが、香舟先生に電子レンジを使うようにすすめていました。
ほとんどの鍋を焦がしているのです。
しかし、今度の出来事で・・・きっぱり断念。ワタシには簡単でも、先生には出来ない。
妙な回路で、こうした結論が出たのでした。

たくさんの助け舟を、ありがとうございました。
そのご親切を活用できずに、申し訳ありません。

これに懲りずに、これからも、どうぞよろしくお願いいたします。







[PR]
# by aomeumi2 | 2018-08-22 10:38 | 天然な暮らし方 | Comments(12)